July 6, 2020 / 1:35 AM / a month ago

中国、銀行・保険会社の株主への監視強化 法違反企業の名前公表

[上海/北京 4日 ロイター] - 中国銀行保険監督管理委員会(銀保監会)は4日、銀行や保険会社に出資する機関投資家のうち、規制や法の「重大な」違反があった38社の名前を公表した。違反企業の名前を公表するのは初めてで、今後も定期的に行うとした。

銀保監会は、同措置は金融リスクを抑え、企業のガバナンス(企業統治)を改善する狙いがあると説明した。

中国の当局は、合併・買収(M&A)に積極的だった国内保険大手、安邦保険集団が2018年に公的管理下に置かれて以来、金融機関の株主への監視を強めてきた。同社の大株主だった呉小暉元会長は詐欺罪などで起訴され、有罪判決を受けた。

当局が昨年実施した、内モンゴル自治区の地方銀行である包商銀行の接収も監視強化の引き金となった。大株主がその地位を利用して好条件の融資を受ける可能性について懸念が強まったからだ。

銀保監会は4日、過去数年の犯罪撲滅の取り組みにもかかわらず、銀行と保険会社の一部の株主はなお、違法な関与の仕方を続けているとし、違反者の公表が抑止策になるとした。

銀保監会の発表文や中国の企業登記情報に基づくロイターの分析によると、当局から名指しされた38社には安邦保険や崑崙健康保険、寧波東海銀行の株主が含まれた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below