for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国の外貨準備高、9月は3.514兆ドルに減少=人民銀行

[北京 7日 ロイター] - 中国人民銀行(中央銀行)が発表した9月末時点の中国の外貨準備高は3兆5140億ドルで、前月から433億ドル減少した。8月の減少幅は過去最大の939億ドルだった。

人民銀行は8月の人民元切り下げ後、元相場の安定化に向け介入を強化しており、外貨準備の減少は広く予想されていた。

コメルツ銀行のシニアエコノミスト、周浩氏は「9月の減少は予想より小幅だったが、人民銀行が市場介入を継続していたことが明らかになった。先物市場でも介入しているので、期日到来時に外貨準備は再び減少する」と指摘した。

金準備は612億ドル。8月末時点の618億ドルから減少した。

国際通貨基金(IMF)リサーブポジションは46億9000万ドル。8月末時点は47億3000万ドルだった。

IMF特別引き出し権(SDR)は104億7000万ドル。8月末時点は105億3000万ドル。

人民銀は7月からIMFの「特別データ公表基準(SDDS)」に準拠し、外貨準備の公表を毎月行う方針に変更した。それまでは四半期ごとに公表していた。

*内容を追加します。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up