for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国、銅・アルミ・亜鉛の国家備蓄放出を継続へ 供給不足に対応

 9月16日、 中国国家発展改革委員会(発改委)は、金属市場の状況を注意深く監視し、需要と供給のミスマッチを解消するため、銅、アルミニウム、亜鉛の国家備蓄放出を続けると表明した。写真は安徽省の製鉄所。2009年3月撮影(2021年 ロイター/Jianan Yu)

[北京 16日 ロイター] - 中国国家発展改革委員会(発改委)は16日、金属市場の状況を注意深く監視し、需要と供給のミスマッチを解消するため、銅、アルミニウム、亜鉛の国家備蓄放出を続けると表明した。

発改委の当局者、Li Hui氏はブリーフィングで「現在、銅、アルミニウム、亜鉛の価格は依然として高い」と述べ、当局が妥当な水準に向けて価格を誘導するとした。

同氏によると、中国は今年に入り、3回の入札を通じてこれらの金属を計42万トン放出。売却価格は市場よりもやや低い水準となり、加工業者を支援したという。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up