December 26, 2017 / 5:43 AM / 6 months ago

中国、人権活動家の呉淦氏に懲役8年 弁護士の謝陽氏は処罰免除

[北京 26日 ロイター] - 中国の天津市第二中級人民法院(地裁)は26日、国家政権転覆罪に問われた著名な人権活動家、呉淦氏に懲役8年の判決を言い渡した。同氏の弁護士が明らかにした。2年以上前に始まった政府による権利擁護運動取り締まりの中で言い渡された判決としては最も重い刑となった。

これとは別に、湖南省の長沙市中級人民法院は同日、国家政権転覆扇動罪と法廷秩序かく乱罪に問われた人権派弁護士の謝陽氏に対し、罪を認めているとして、刑事処罰を免除する判決を言い渡した。

呉氏は「超級低俗屠夫」という筆名のブロガーとしてより知られており、2015年5月に拘束され、国家政権転覆罪で起訴された。同氏の弁護士はロイターに対し、控訴する意向を明らかにした。

天津市の地裁がウェブサイト上に掲載した文書によると、呉氏はネット上で中国の政治制度を批判し、パフォーマンスアートを利用して騒ぎを起こしたほか、他人を侮辱したり、虚偽の情報を流したりした。

一方、長沙市の地裁が公表した判決公判動画によると、謝氏は判決を受け入れ、控訴しないと発言。また、当局への謝意を示し、今後は法律を順守する公民になると述べた。

国際人権団体アムネスティ・インターナショナルの香港駐在リサーチャー、パトリック・プーン氏は、国際的な関心が薄くなるとみられるクリスマス翌日に2つの判決が言い渡されたことについて「政治的な思惑」があるのではないかとの認識を示した。

中国外務省にコメントを求めたが、今のところ回答を得られていない。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below