May 18, 2020 / 6:05 AM / 16 days ago

中国SMIC、政府系ファンドによる22億ドル出資を確保

 5月18日、中国の半導体受託生産大手、中芯国際集成電路製造(SMIC)は、同国の政府系ファンドから22億ドルの出資を取り付けたと発表した。写真はシンガポールで2017年5月撮影(2020年 ロイター/Thomas White)

[上海 18日 ロイター] - 中国の半導体受託生産大手、中芯国際集成電路製造(SMIC)(0981.HK)は15日、同国の政府系ファンドから22億ドルの出資を取り付けたと発表した。

米国は同日、すでに禁輸措置対象に指定されている中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)への輸出規制を強化し、同社が米国の技術やソフトを利用した半導体を間接的に取得できないようにする新たなルールを発表した。[nL4N2CX3YP]

SMICの発表文によると、半導体産業に特化した政府系ファンド、国家集成電路産業投資基金(大基金)傘下の幾つかのファンドがSMICの半導体工場の1つに共同で出資する。この結果、同社の登録資本金は35億ドルから65億ドルに拡大する。

一方、SMICの同工場の保有率は50.1%から38.5%に低下する。

同工場の生産能力は回路線幅14ナノメートルの半導体ウエハー換算で月間6000枚。同社によると、これを3万5000枚に引き上げる計画。

競合相手の台湾積体電路製造(TSMC)(2330.TW)は回路線幅7ナノメートルの製造プロセスを確立しており、5ナノメートルも展開している。

米アップル(AAPL.O)やファーウェイ、米クアルコム(QCOM.O)が調達している高機能の半導体製品は7ナノや5ナノの製造プロセスへの依存度が高い。

米政府がファーウェイへの輸出規制を強化したことで、同社のTSMCとの取引が制限されるとみられる。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below