Reuters logo
中国サービス部門民間PMI、11月は51.9に上昇 3カ月ぶり高水準
2017年12月5日 / 03:55 / 7日前

中国サービス部門民間PMI、11月は51.9に上昇 3カ月ぶり高水準

[北京 5日 ロイター] - 財新/マークイットが発表した11月の中国サービス部門購買担当者景気指数(PMI)は51.9と、前月の51.2から上昇し、今年8月以来3カ月ぶりの高水準となった。

 12月5日、財新/マークイットが発表した11月の中国サービス部門購買担当者景気指数(PMI)は51.9と、前月の51.2から上昇し、今年8月以来3カ月ぶりの高水準となった。写真は北京で昨年2月撮影(2017年 ロイター/Damir Sagolj)

PMIは50を上回れば景況拡大を、下回れば悪化を示す。

新規事業指数も3カ月ぶりの高水準。調査の回答者は新規の顧客が増加したことなどにより売り上げが支えられたと報告した。新規雇用の拡大ペースも小幅に加速した。

中国国家統計局が先週発表した11月の非製造業PMIは54.8で、10月の54.3から上昇した。

国家統計局PMIとは異なり、財新のPMIの調査対象は大手国有企業よりも景気の影響を受けやすい中小企業が中心となっている。

財新のPMIでは、サービスの提供価格を示す指数が2015年7月以来の高水準となり、サービス提供業者が上昇する投入コストを顧客に転嫁できていることが示された。

製造業とサービス部門を合わせた総合指数は51.6と、前月の51.0から上昇した。

CEBMグループのマクロ経済分析部門ディレクター、Zhengsheng Zhong氏はノートで「11月の財新PMIは中国経済が安定性を維持し、成長率が大幅に低下するという差し迫ったリスクがないことを示した。しかし、価格の上昇が続いていることを背景に来年始めにインフレ圧力の高まりに直面する可能性があるため注意が必要だ」と指摘した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below