for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国深セン市、転入規則を厳格化へ 人口増加を抑制

 5月26日、中国のハイテク拠点である深セン市は、市外からの転入規則を厳格化する方針。人口急増により不動産価格が高騰し、学校などの資源や行政サービスが圧迫されていることを受けた。写真は深セン市で3月撮影(2021年 ロイター/DAVID KIRTON)

[北京 26日 ロイター] - 中国のハイテク拠点である深セン市は、市外からの転入規則を厳格化する方針。人口急増により不動産価格が高騰し、学校などの資源や行政サービスが圧迫されていることを受けた。

深セン市の人口は過去10年間で710万人増加し、2020年には1756万人となった。この増加幅は江蘇省や山東省などの省全体の増加幅を上回り、2016年に設定された2020年に1480万人との目標を超過した。ハイテク産業の興隆や都市部での居住制限の緩和、住宅購入のための手厚い補助金などが人口増を後押しした。

深セン司法局のウェブサイトに25日掲載された改正案によると、居住許可の取得に必要な学歴の基準が引き上げられるほか、結婚により居住許可を得る条件も厳格化される。

この改正を通じて、偽装結婚を通じて投機的な住宅購入をしたりする抜け道を塞ぐことが期待されている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up