April 29, 2019 / 1:09 AM / 22 days ago

「一帯一路」の首脳会議が閉幕、640億ドル超規模の事業で合意

北京で開かれた巨大経済圏構想「一帯一路」の首脳会議が27日閉幕。習近平国家主席(写真中央)は会議期間中に参加企業が640億ドルを超える規模の協力事業について合意したと明らかにした。代表撮影(2019年 ロイター)

[北京 27日 ロイター] - 北京で開かれた巨大経済圏構想「一帯一路」の首脳会議は27日閉幕した。習近平国家主席は会議期間中に参加企業が640億ドルを超える規模の協力事業について合意したと明らかにした。

習主席は「より多くの友人やパートナーが一帯一路への協力に参加する」と述べ、全ての事業には市場原理が適用され、環境に優しく質の高い開発が行われると説明した。

習主席や他の中国政府高官は今週、一帯一路について、参加者に多額の債務を負わせるつもりはなく、全ての参加者の利益になることを望むと繰り返し強調した。

首脳会議で採択された共同声明によると、債務の持続可能性に関する国際合意を尊重し、環境に優しい経済成長を促進する融資を行うことで合意した。

また別の声明で中国はイタリア、ペルー、バルバドス、ルクセンブルク、ジャマイカなどさまざまな国と覚書を締結したと発表した。

習主席は「一帯一路の協力が時代と調和し、広く支持され、人々が中心となり、全て参加者の利益となることを示している」と語った。合意した事業の詳細については明らかにしなかった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below