for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

シノペック、第3四半期は過去最高益 精製マージン上昇や資産分離で

 10月29日、中国石油化工(シノペック)が発表した第3・四半期決算は、精製マージンの上昇やパイプライン資産の分離に伴う利益が寄与し、四半期として過去最高益を記録した。写真は香港で2018年3月撮影(2020年 ロイター/Bobby Yip)

[北京/シンガポール 29日 ロイター] - 中国石油化工(シノペック)600028.SS0386.HKが発表した第3・四半期決算は、精製マージンの上昇やパイプライン資産の分離に伴う利益が寄与し、四半期として過去最高益を記録した。

第3・四半期の純利益は463億9000万元(69億2000万ドル)と、前年同期から約4倍に増加。四半期の利益としては、リフィニティブ・エイコンのデータで遡れる2003年以降で最高となった。今年上半期は純損益が赤字となっていた。

第3・四半期は、中国南部の製油所で稼働を開始したことを受け、製油所の原油処理量が前年比約2%増の6350万トン(日量504万バレル)となった。

精製マージンは1バレル当たり9.80ドルと、前年比68%上昇した。

新設されたエネルギーインフラ会社「中国石油天然気管網集団」への石油・ガスパイプライン資産移管に伴う収入も、利益を308億元押し上げた。

中国会計基準による今年1─9月の純利益は、前年比45.7%減の235億1000万元。売上高は30.4%減の1兆5500億元。

1─9月の原油生産量は前年比1%減の2億1065万バレル、天然ガス生産量は0.2%減の7721億4000万立方フィートだった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up