for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国シノペック、石油需要の回復予測 通年で増加へ

 4月28日、中国石油化工(シノペック)は、石油製品の需要が第2・四半期に回復するとの見通しを示した。香港で2018年3月撮影(2022年 ロイター/Bobby Yip)

[北京 28日 ロイター] - 中国石油化工(シノペック)は28日、石油製品の需要が第2・四半期に回復するとの見通しを示した。

国内の新型コロナウイルス流行が段階的に収束し、通年の石油消費が増加する見込みという。

同社は3月後半以降、製油量を減らしており、製油所の「最適な」稼働率85%前後を維持している。今年初めは92.6%だった。

シノペックの幹部は「新型コロナ感染対策で石油製品の消費が抑制されているが、石油需要は新型コロナの流行収束を背景に第2・四半期に段階的に回復する見通しだ」と発言。

「現時点で、2022年の国内燃料消費に自信を持っている。第2・四半期の回復が緩やかでも、通年ではプラスを維持するだろう」と述べた。

22年の液化石油ガス(LNG)輸出が横ばいになるとの見通しも示した。スポット契約を減らしており、今後数カ月は長期契約に力を入れる予定という。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up