Reuters logo
中国太陽光2社、チェルノブイリ立入禁止区域に発電設備建設へ
2016年11月21日 / 07:21 / 1年後

中国太陽光2社、チェルノブイリ立入禁止区域に発電設備建設へ

[上海 21日 ロイター] - 1986年のチェルノブイリ原発事故以来、立ち入りが禁止されてきた区域に、中国企業が太陽光発電設備の建設を計画している。

GCLグループ傘下のGCLシステム・インテグレーション・テクノロジー(GCL─SI)(002506.SZ)が明らかにした。

GCL─SIによると、プロジェクトは中国机機工業(CNMIC)傘下のChina National Complete Engineering Corp(CCEC)との協力で進められ、CCECが全体を統括する。発電設備の規模は1ギガワット、着工は来年の予定。GCL─SIは建設費を明らかにしていない。

現ウクライナに位置するチェルノブイリ原発は来年、15億ユーロ(16億ドル)かけてアーチ型シェルターで原子炉が覆われることになっている。周辺には森林と湿地帯からなる2600平方キロメートルの立入禁止区域がある。

GCL─SIは太陽光設備の建設場所を示しておらず、建設計画の詳細も明らかにしなかった。同社のコメントは現時点で得られていない。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below