January 17, 2019 / 7:43 AM / 6 months ago

18年の中国太陽光発電の伸び、前年を18%下回る=業界団体

 1月17日、中国太陽光発電産業協会(CPIA)は、2018年に新たに稼動した太陽光発電設備の生産能力はわずか43ギガワット(GW)超で、前年の増加幅を18%下回ったと明らかにした。写真は新疆ウイグル自治区で昨年10月撮影(2019年 ロイター)

[上海 17日 ロイター] - 中国太陽光発電産業協会(CPIA)は17日、2018年に新たに稼動した太陽光発電設備の生産能力はわずか43ギガワット(GW)超で、前年の増加幅を18%下回ったと明らかにした。政府の新設備導入抑制策と、補助金の未払い分消化策が原因という。

新設分を加えた18年末までの設置済み設備による全太陽光発電能力は170GW超となった。

中国は2017年の太陽光発電能力が53GW増と過去最大の伸びとなり、送電網の容量が不足したほか、1000億元(147億8000万ドル)超の補助金の残金支払いが困難になったとして、昨年、新事業の中止を発表している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below