July 25, 2016 / 4:31 AM / 3 years ago

中国外相、韓国のミサイル配備決定は信頼関係損なうと批判=報道

 7月25日、中国の王毅外相は、韓国が北朝鮮からの脅威に対抗するため、米国製の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の配備を決定したことについて、中韓の相互信頼の土台を損なうものだと批判した。写真は北京で1月撮影(2016年 ロイター/Jason Lee)

[ソウル 25日 ロイター] - 中国の王毅外相は、韓国が北朝鮮からの脅威に対抗するため、米国製の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の配備を決定したことについて、中韓の相互信頼の土台を損なうものだと批判した。25日にメディアが報じた。

両外相は東南アジア諸国連合(ASEAN)外相会議に出席するため訪れたラオスの首都ビエンチャンで24日遅くに会談した。

韓国の聯合ニュースやKBSテレビによると、王外相は韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外相に対し「韓国側の最近の動きは、両国の相互信頼の土台を損なうものだ」と語ったと伝えた。

これに対し、尹外相はこの措置は韓国の安全保障を守るためであり、中国の権益を損なうことはないと語った。

今月、韓国と米国がTHAAD配備を発表したことで、すでに中国政府は地域の安全保障を不安定にすると反発していた。

THAAD配備は孤立を深める北朝鮮に圧力をかけることが狙いだが、中国は迎撃システムのレーダーによって中国の軍事能力の追跡が可能になると懸念を表明し、ロシアも配備に反対している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below