for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国、一部鉄鋼製品の輸出関税を再引き上げ 温暖化ガス排出抑制

[北京 29日 ロイター] - 中国は8月1日から銑鉄とクロム鉄の輸出関税を引き上げ、23品目の鉄鋼製品の輸出税還付を廃止する。財政省が29日発表した。

鉄鋼製品の関税を調整するのは過去3カ月で2回目。国内の供給を確保する一方で、生産を管理し地球温暖化ガスの排出を抑制する狙いがある。

高純度の銑鉄の輸出関税は15%から20%へ、クロム鉄は20%から40%へ引き上げる。輸出税還付の廃止対象には一部の冷間圧延鋼コイルやケイ素鋼などが含まれる。

財政省は「鉄鋼産業を刷新し、質の高い発展を促進することが目的」と説明した。

中国は5月1日にも146品目の鉄鋼製品を輸出税還付の対象外としたほか、銑鉄と合金鉄の輸出関税を引き上げた。また臨時輸入関税を一部免除した。

中国中信証券のアナリストは「輸出を管理する取り組みは一段の生産抑制が狙い」との見方を示した。

鉄鋼製品の供給逼迫は下半期も続くと予想し「輸出されていた製品が国内市場に供給されても5%以上不足する」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up