Reuters logo
中国が台湾の新法検討に懸念、「両岸協議の根幹損なう」
2016年3月30日 / 08:11 / 2年後

中国が台湾の新法検討に懸念、「両岸協議の根幹損なう」

[北京 30日 ロイター] - 中国は30日台湾に対し、両岸関係に関する新たな法案が台湾の立法院で可決された場合、協議の根幹が深刻に損なわれる可能性があるとし、関係強化の妨げになる要因には反対との姿勢を示した。

 3月30日、中国は台湾に対し、両岸関係に関する新たな法案が台湾の立法院で可決された場合、協議の根幹が深刻に損なわれる可能性があるとし、関係強化の妨げになる要因には反対との姿勢を示した。写真は台北市で2011年10月撮影(2016年 ロイター/Pichi Chuang)

民進党は、中国との貿易協定である「両岸サービス貿易協定」で合意する前に、台湾海峡に関する監督法案を可決するよう立法院に提案している。

中国の台湾問題当局広報担当者は、両岸協議の根底が損なわれてはならないとし「対中協議の根幹を損なう事象、または適切な進展に干渉するような事象が発生すれば、われわれは断固反対していく」と述べた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below