April 4, 2018 / 4:57 AM / 8 months ago

中国、米国・EU産溶剤の反ダンピング税引き上げ=商務省

 4月4日、中国商務省は、米国や欧州連合(EU)などが原産の2つの工業用溶剤の反ダンピング(不当廉売)関税を引き上げると発表した。写真は安徽省合肥市の化学工場。2010年3月撮影(2018年 ロイター/Jianan Yu)

[北京 4日 ロイター] - 中国商務省は4日、米国や欧州連合(EU)などが原産の2つの工業用溶剤の反ダンピング(不当廉売)関税を引き上げると発表した。

2つの溶剤はエチレン・グリコール・モノブチル・エーテルとジエチレン・グリコール・モノブチル・エーテル。

引き上げによって影響を受けるメーカーには、米化学大手ダウ・デュポン(DWDP.N)、米エクイスター[ACCECE.UL]、米イーストマン(EMN.N)、英イネオス[INEOSE.UL]、南ア・サソール、独BASF(BASFn.DE)などが含まれる。

ダウ・デュポンなどの一部企業の製品に対する関税は、4月12日から75.5%程度まで引き上げられるという。

エチレン・グリコールは不凍液などの消費者向け製品に広く用いられている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below