March 8, 2019 / 4:16 AM / in 11 days

中国ドル建て輸出、2月は前年比20.7%減、3年ぶりの大幅な落ち込み

[北京 8日 ロイター] - 中国税関総署が8日発表した2月の貿易統計によると、ドル建て輸出は前年同月比20.7%減となり、減少率は2016年2月以来の大きさとなった。一方、輸入は3カ月連続で減少した。当局は支援策を相次いで打ち出しているものの、一段の景気減速が示された。

 3月8日、中国税関総署が発表した2月の貿易統計によると、ドル建て輸出は前年同月比20.7%減となり、減少率は2016年2月以来の大きさとなった。写真は山東省で1月撮影(2019年 ロイター/Stringer)

2月輸出はアナリスト予想(4.8%減)を上回る大幅な落ち込みとなった。1月は9.1%増だった。

2月の輸入は5.2%減と、こちらも市場予想(1.4%減)を上回る減少となった。1月は1.5%減少した。

貿易収支は41億2000万ドルの黒字で、黒字幅は1月の391億6000万ドルから急減し、市場予想の263億8000万ドルも下回った。

2月の対米貿易黒字は147億2000万ドルで、黒字幅は1月の273億ドルから縮小した。米中通商協議の一環として、中国が農産物など米製品をより多く輸入したことが背景。

欧州を中心に世界の需要は鈍化しており、2月の主要市場への中国輸出は減少した。

アナリストによると、この時期の中国の貿易統計は旧正月の影響で変動が大きくなる傾向がある。しかし専門家の多くは、国内と輸出の受注低迷が調査で示され、米中貿易戦争が続く中、今年の貿易統計は弱いスタートとなることを予想していた。

2018年の中国成長率はほぼ30年ぶりの低水準を記録し、世界の投資家や中国の主要貿易相手国は、中国経済の減速に注目している。

ANZのグレーターチャイナ部門チーフエコノミスト、Raymond Yeung氏はリポートで「きょうの貿易統計は、中国貿易のリセッションが明らかになり始めたとのわれわれの見方を強めた」と指摘。「輸出は昨年12月に既にマイナスとなっていた。1月の好調な数字は、旧正月の時期を受けたデータの歪みを理由に信頼性は低い」とした。

貿易統計の発表を受け、アジアの株式市場と米株価先物は下げ幅を拡大した。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below