November 8, 2018 / 4:58 AM / 10 days ago

中国10月貿易収支、輸出が予想上回る 関税引き上げ前に駆け込み

[北京 8日 ロイター] - 中国税関総署が8日発表した10月の貿易統計によると、ドル建て輸出は前年同月比15.6%増と市場予想を大幅に上回った。来年初めに予定される関税引き上げを前に米国向けの駆け込み輸出が増大したとみられる。ロイターがまとめたアナリスト予想は11.0%増で、9月(14.5%増)から伸びが鈍化するとみられていた。

 11月8日、中国税関総署が発表した10月の貿易統計によると、ドル建て輸出は前年同月比15.6%増となった。写真は山東省青島市の港のコンテナ船とクレーン。10月に撮影。提供写真(2018年 ロイター)

10月の輸入は21.4%増加し、9月の14.3%増から伸びが加速した。こちらもアナリスト予想(14.0%増)を上回った。当局による成長支援策の効果が出始めた可能性がある。

貿易収支は340億1000万ドルの黒字となった。予想は350億ドルの黒字。9月は316億9000万ドルの黒字だった。

米中は9月24日に互いに追加関税を発動した。10月は1カ月を通して影響が現れる最初の月となった。米国は来年初めに税率を引き上げる方針を示している。

トランプ米大統領と中国の習近平国家主席は今月アルゼンチンで開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議に合わせて会談する予定で、突破口が見出されるか注目が集まっている。

INGの中華圏担当エコノミスト、アイリス・パン氏は10月は中国が祝日で連休となるため通常は動きが鈍いが「輸出業者が出荷を前倒ししたことが輸出の大幅な伸びにつながった」と分析した。

「首脳会談が物別れに終わり米国が中国の製品への関税を引き上げる事態を輸出業者は懸念している。このため年末にかけて輸出は勢いを保つだろう」と予想した。

1─10月の対米貿易黒字は2581億5000万ドルで、前年同期の2229億8000万ドルから黒字幅が大幅に拡大した。

10月単月では前年同期比13.2%増加した。黒字額は317億8000万ドルと過去最高を記録した9月の341億3000万ドルから縮小したが、過去と比べると高い水準にある。

アナリストらは、ここ数カ月の中国製造業購買担当者景気指数(PMI)は輸出受注の低迷を示しており、関税引き上げが近づく中、輸出が急速かつ大幅に減少するリスクがあると指摘した。

<輸入も予想外に好調>

ANZのエコノミストによると、輸出は近く鈍化が予想されるが、輸入は商品(コモディティー)を中心に今後数カ月力強い伸びを維持する可能性がある。政府によるインフラ投資などの内需刺激策が効いているという。

BNPパリバの中華圏担当エコノミスト、チー・ロー氏はロイターに「輸入も予想をかなり大きく上回った。中国で関税が引き上げられる前に輸入を前倒しする動きが一部で見られた」と指摘。「米国との貿易摩擦を緩和するために輸入を増やす中国政府の取り組みも反映している。これがより重要な点だ」と語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below