August 16, 2018 / 2:11 AM / 3 months ago

米中通商協議が再開へ、次官級で8月下旬 妥結の可能性低いとの声も

 8月16日、中国商務省は、王受文商務次官が率いる代表団が通商協議のため8月下旬に米国を訪れると発表した。写真は会見する同商務次官。4月に北京で撮影(2018年 ロイター/Thomas Peter)

[北京/ワシントン 16日 ロイター] - 6月以降中断していた米中の通商協議が再開する運びとなった。中国商務省は16日、王受文商務次官が率いる代表団が通商協議のため8月下旬に米国を訪れると発表した。

商務省によると、代表団の訪米は米国の招待によるもので、マルパス米財務次官(国際問題担当)との会談が行われる。

商務省は声明で、中国はいかなる一方的な通商措置も認めないとした上で、対話は歓迎すると表明した。

米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)によると、協議は22、23の両日に開かれる見通し。23日には米国が160億ドル分の中国製品を対象した制裁関税の発動を予定している。

こうした中、カドロー米国家経済会議(NEC)委員長はCNBCに対し「中国が代表団を派遣するのであれば良いことだ」とした上で「トランプ大統領には関税・非関税障壁等の撤廃や、知的財産権盗用・技術移転強要の阻止に向け、戦いを継続する気力と覚悟がある。そのことを中国政府は侮らないほうがいい」と語った。

公式の米中通商協議が前回開かれたのは6月上旬で、この時は中国の劉鶴副首相とロス米商務長官が北京で会談した。

米国は中国に市場アクセスの改善や知的財産権保護の強化、対米貿易黒字の縮小措置を要求。両国の溝はなお深い。

投資銀行エバーブライト・サンフンカイはリポートで「次官級の協議ということは、両国間の隔たりが依然大きく、合意達成の可能性は低いことを示唆する」と指摘した。

*内容を追加して再送します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below