August 27, 2018 / 3:28 AM / a month ago

中国ライドシェアの滴滴出行、一部のサービスを一時的に中止 乗客殺害事件で

[北京 27日 ロイター] - 中国国家発展改革委員会(NDRC)は27日、他の政府機関とともに、タクシーやインターネットを利用したライドシェアサービスなど輸送セクターにおける不正行為ならびに違法行為を厳重に取り締まると発表した。

 8月27日、中国国家発展改革委員会(NDRC)は、他の政府機関とともに、タクシーやインターネットを利用したライドシェアサービスなど輸送セクターにおける不正行為ならびに違法行為を厳重に取り締まると発表した。写真は北京で2013年3月撮影(2018年 ロイター/Petar Kujundzic)

NDRCによると、さまざまな政府機関が輸送業者の全体的なガバナンス改善を推し進める見通し。輸送業者には民間航空会社や鉄道会社なども含まれるという。

前日26日には、中国の配車サービス最大手、滴滴出行が、利用者の女性が運転手に殺害された事件を受け、相乗りサービス「順風車(ヒッチ)」の提供を27日から一時中止すると発表。同サービスに関するビジネスモデルを見直すという。また幹部2人を現在の役職から外すことも明らかにした。

NDRCの発表に関し、滴滴出行にコメントを求めたが、現時点での回答はない。

利用者女性の殺害事件を受け、ソーシャル・メディアでは批判が噴出。滴滴出行の正式な謝罪の投稿に対し、中国版ツイッターの微博(ウェイボー)では、27日午前時点で5000件以上のコメントが投稿されている。

*見出しで、中止されたのが一部のサービスであることを明確にしました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below