January 31, 2019 / 11:48 PM / 23 days ago

中国の米国債保有、17年5月以来の低水準

 1月31日、米財務省が発表した11月の対米証券投資統計によると、中国の米国債保有が6カ月連続で減少し、2017年5月以来の低水準となった。写真は米ドル紙幣。シンガポールで2017年6月撮影(2019年 ロイター/Thomas White/Illustration)

[ニューヨーク 31日 ロイター] - 米財務省が発表した11月の対米証券投資統計によると、中国の米国債保有が6カ月連続で減少し、2017年5月以来の低水準となった。

中国の米国債保有は1兆1210億ドルと、10月の1兆1380億ドルから減少。ただ、米国を除く国別保有高で首位を維持した。

DRWトレーディングのマーケットストラテジスト、ルー・ブライエン氏は「様々な理由があり得るが、政治的な理由ではないだろう」と話した。

一方、日本の米国債保有は1兆0360億ドルと、前月の1兆0180億ドルから増加。10月までは3カ月連続で減少していた。

海外勢全体の米国債保有は6兆2040億ドルで、10月の6兆2000億ドルからやや増加した。

海外投資家による米財務省証券投資は92億8000万ドルの売り越し。10月は17億2000万ドルの買い越しだった。

11月は海外公的機関が332億9000万ドルの売り越し、民間投資家は246億4000万ドルの買い越しだった。

海外投資家による米長期有価証券投資(株式スワップ等除く)は376億ドルの買い越しで、5カ月連続の買い越しとなった。

米国株投資は56億ドルの売り越しで、7カ月連続の売り越し、10月は221億6000万ドルの売り越しだった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below