January 21, 2018 / 11:47 PM / 7 months ago

米政府機関の閉鎖は政治システムの「慢性的欠陥」=新華社

[北京 21日 ロイター] - 新華社は21日の論説で、米連邦政府機関の一部閉鎖について、米政治システムの「慢性的な欠陥」をさらけ出したとし、トランプ大統領の就任1年目に起きたのは「皮肉なこと」で、大統領の体面がつぶされたと論じた。

1月21日、新華社は論説で、米連邦政府機関の一部閉鎖について、米政治システムの「慢性的な欠陥」をさらけ出したとし、トランプ大統領の就任1年目に起きたのは「皮肉なこと」で、大統領の体面がつぶされたと論じた。写真はワシントンで20日撮影(2018年 ロイター/Joshua Roberts)

論説は、オバマ前大統領が支持した環太平洋連携協定(TPP)や地球温暖化対策の国際的枠組み「パリ協定」などの政策を、トランプ大統領が転換したと指摘。「仮に政権の移行で受け継がれるものがあるとすれば、党派間の協力を否定する精神だ」と皮肉った。

さらに論説は「西側の民主制度は、国を統治するのに最も優れた完璧に近い政治システムとして、先進国に受け入れられた」とする一方、「米国で現在起きていることは、このように混乱した政治システムの持続性や正当性について、世界のより多くの人々を考え直させるものだ」とした。

新華社の論説は公式見解ではないが、中国政府の考え方を示すとされている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below