June 13, 2019 / 3:47 AM / 6 months ago

中国、貿易戦争拡大しても米金融機関を冷遇すべきでない=業界団体

 6月13日、金融業界団体のアジア証券業金融市場協会(ASIFMA)は、中国は貿易戦争が激化して金融業界に波及することになっても、米金融機関の市場アクセスを制限すべきではないとの見解を示した。写真は上海で2012年4月撮影(2019年 ロイター/Aly Song)

[上海 13日 ロイター] - 金融業界団体のアジア証券業金融市場協会(ASIFMA)は、中国は貿易戦争が激化して金融業界に波及することになっても、米金融機関の市場アクセスを制限すべきではないとの見解を示した。

ASIFMAはまた、貿易摩擦を背景に減速する中国経済を支えるためには海外から資本を呼び込む必要があるとし、中国政府に国内金融市場の開放を加速するよう呼び掛けた。

ASIFMAのマーク・オースティン最高経営責任者(CEO)はロイターとのインタビューで、中国当局が米企業と米国以外の外国企業を差別化するのは賢明ではないと指摘。「中国は自国の利益のためにも市場を開放し、透明で公正、非差別的な市場アクセスを提供する必要がある」と語った。

その上で、中国が米国に拠点を置く企業よりも他の外国企業を優遇しているという証拠は今のところないと付け加えた。

中国当局は3月、米銀大手JPモルガン・チェース(JPM.N)による合弁証券会社への過半出資を承認した。

JPモルガンはまた、海外企業として初めて、中国のミューチュアルファンド合弁会社の過半数株式を取得する可能性があるとロイターは前月報じた。

ASIFMAは13日公表の報告書で、中国は米格付け会社フィッチ・レーティングスや米クレジットカード大手のビザ(V.N)とマスターカード(MA.N)の事業認可に時間をかけ過ぎていると批判。ただ、オースティン氏はこれらの問題は貿易戦争とは関係ないとの認識を示した。

「中国当局は透明で非差別的な市場アクセスを提供する必要性を理解しているはずだ。政治的配慮を盛り込めば、金融市場発展に向けた全ての取り組みが台無しになる」と語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below