for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米国の対中政策、戦略的競争相手は誤り=駐米大使

 1月28日、中国の崔天凱駐米大使は、米国が中国を「戦略的競争相手」として扱うのは誤った判断で、間違いにつながる恐れがあると警告した。米首都ワシントンで2018年11月撮影(2021年 ロイター/Jim Bourg)

[北京 28日 ロイター] - 中国の崔天凱駐米大使は28日、米国が中国を「戦略的競争相手」として扱うのは誤った判断で、間違いにつながる恐れがあると警告した。

トランプ前政権は2008年に中国を戦略的競争相手と位置づけ、通商や新型コロナウイルスなどさまざまな問題で対立してきた。

崔氏はオンラインフォーラムで、中国のレッドライン(譲れない一線)を超えないよう米国に求める一方で、米国との平和的共存を求める中国の立場を改めて主張した。

「中国を戦略的競争相手や仮想敵国として扱うことは重大な戦略的判断ミスになる。そのような認識に基づいてまとめられた政策は深刻な戦略的間違いを導くだけだ」と指摘した。

中国は対立ではなく協力を望んでいると強調し、対話を通じた相違点の解消を求めた。

一方で主権と領土の一体性を巡る問題では譲歩しないとし「中国は引き下がらない。米国が中国の核心的利益を尊重しレッドラインを超えないことを望む」と述べた。

その上で、バイデン大統領は中国に対し多国間の協調を重視したアプローチを取ると予想されるが、反中連合は「新たな不均衡」を生み出す可能性があると警告した。

崔氏はバイデン政権が地球温暖化対策の国際的枠組み「パリ協定」への復帰や世界保健機関(WHO)からの脱退撤回を決めたことを歓迎すると表明。中国は新型コロナとの戦いや、経済・金融リスクを回避するための世界的な政策調整で米国と協力したいと述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up