September 24, 2018 / 4:28 AM / a month ago

中国、米大使呼び厳重抗議 ロシア兵器購入巡る制裁で

[上海/ワシントン 22日 ロイター] - 中国外務省は22日、ロシアから戦闘機やミサイルシステムを購入したとして米政府が中国人民解放軍の兵器管理部門などを制裁対象に指定したことを受け、鄭沢光・外務次官が米国のブランスタッド駐中国大使を呼び出し、厳重に抗議したと発表した。

 9月22日、中国外務省は、ロシアから戦闘機やミサイルシステムを購入したとして米政府が中国人民解放軍の兵器管理部門などを制裁対象に指定したことを受け、鄭沢光・外務次官が米国のブランスタッド駐中国大使を呼び出し、厳重に抗議したと発表した。写真は米中の国旗。2017年6月、北京で撮影(2018年 ロイター/Jason Lee)

中国国防省の呉謙報道官はこれより先、ロシアから戦闘機やミサイルシステムを購入するという中国の決定は、2つの主権国の間の通常の協力行為で、米国が「干渉する権利」はないと指摘した。

米政府は20日、中国人民解放軍の兵器・装備品の管理部門に当たる共産党中央軍事委員会装備発展部と同部部長を制裁対象に指定。ロシアの国営兵器輸出企業ロスオボロンエクスポルトとの「重大な取引」に関与し、2017年には最新鋭戦闘機「スホイ35」を10機、18年には最新鋭地対空ミサイルシステム「S400」を購入したとしている。

匿名の米国務省高官は22日にロイターに対し、中国は「S400」を入手した唯一の国で、米国の対ロ制裁に違反すると述べた。その上で、制裁は中国政府ではなくロシア政府を狙ったものだと説明した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below