April 12, 2018 / 3:11 AM / 11 days ago

中国、米国が貿易摩擦を激化させればちゅうちょなく反撃=商務省

[北京 12日 ロイター] - 中国商務省は12日、米国との貿易問題がエスカレートした場合の準備は十分できており、ちゅうちょなく反撃すると警告した。さらに、習近平国家主席が表明した一部の輸入関税の引き下げは、譲歩ではないと主張した。

 4月12日、中国商務省は、米国との貿易問題がエスカレートした場合の準備は十分できており、ちゅうちょなく反撃すると警告した。写真は6日山東省の港で撮影(2018年 ロイター)

習主席は10日、ボアオ・アジアフォーラムでの演説で、中国経済の開放をさらに進め、自動車を含む一部製品の輸入関税を年内に引き下げる方針を表明。トランプ米大統領はツイッターで「関税や自動車障壁のほか知的財産権や技術移転の認識を巡る習主席の丁重な発言に感謝する」と述べていた。[nL3N1RN5D1]

これに対し商務省の高峰報道官は定例記者会見で、習主席の演説が通商問題における米国への譲歩だとするのは語弊があると発言。同主席は中国の改革開放戦略の要点を述べたに過ぎず、米国との貿易摩擦とは無関係だと話した。

高報道官は、双方に対する関税を完全に同規模とするのは合理的ではないとしたほか、世界貿易機関(WTO)のルールでは二国間関係で関税を同等化する必要性はないと指摘した。

また、中国と米国は二国間の貿易摩擦を巡る交渉を行っていないと述べた。中国政府が米側との交渉に前向きであるかどうかの問題ではなく、米国が誠意を示していないとの考えを示した。

さらに、中国は自らの計画に基づいて市場の開放を進めるほか、習主席が約束した関税引き下げをできるだけ早期に実施する、と述べた。

中国共産党機関紙・人民日報系の環球時報は論説記事で、米国が取ることができる対応は、中国の開放表明に誠実に応えて友好的な交流を始めるのか、不合理な要求で中国に圧力をかけ続けて貿易摩擦を激化させるのか、のどちらかだと指摘した。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below