March 26, 2018 / 12:23 AM / 9 months ago

中国、一部税制の見直しを計画=劉昆新財政相

 3月25日、中国の劉昆・新財政相(写真)は、中国政府が目指す「質の高い」経済成長の達成に向け、製造業、運輸業に対する税制の見直しを含む財政改革を推進する考えを示した。北京で開催された中国発展フォーラムの会合で発言する同新財政相(2018年 ロイター/Jason Lee)

[北京 25日 ロイター] - 中国の劉昆・新財政相は25日、中国政府が目指す「質の高い」経済成長の達成に向け、製造業、運輸業に対する税制の見直しを含む財政改革を推進する考えを示した。

劉氏は北京で開催された中国発展フォーラムの会合で、財政相に任命されてから初めて公の場で発言。2018年に製造、運輸の両業種向けに増値税(付加価値税、VAT)の水準を引き下げるほか、関連法案を制定し、予算運営に関して新たな評価方法を導入する方針を明らかにした。これ以上の詳細には言及しなかった。

中国経済の改革・開放がほとんど進展していないという聴衆からの指摘には、「正しくない」と反論。「中国人や中国政府当局者は、市場経済を誰よりもよく理解している」と強調した。

また、不動産税の立法化と実施を進め、予算運営の透明性向上と合理化をさらに進展させる考えも示した。

さらに、中国が「新たなグローバル化の状況」に直面するなか、中国への海外からの投資を促進し、中国企業に海外への投資を促すための税制措置を検討すると表明した。

経済協力開発機構(OECD)のグリア事務総長は同フォーラムで、中国の付加価値税改革は、重工業中心の経済を付加価値を創造する技術革新やサービス部門にシフトするために極めて重要との見解を示した。

グリア氏はまた、中国は「国有企業に対する間接的な政府保証」を排除する必要があると述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below