December 4, 2019 / 11:49 PM / 6 days ago

ウィーワーク中国子会社、逆風下でも野心的な売上高目標設定=関係者

 12月4日、共有オフィス運営を手掛けるウィーワークの中国子会社は、人員削減や入居率の低さという逆風にもかかわらず、来年の売上高目標を野心的な水準に設定している。写真はニューヨークで1月8日撮影(2019年 ロイター/Brendan McDermid)

[上海 4日 ロイター] - 共有オフィス運営を手掛けるウィーワークの中国子会社は、人員削減や入居率の低さという逆風にもかかわらず、来年の売上高目標を野心的な水準に設定している。幹部が社内ミーティングで掲げた目標を、事情に詳しい複数の関係者が4日明らかにした。

関係者の話では、このミーティングで幹部は来年の非中核事業からの収入目標を約3000万ドルと定め、売上高全体の6%強に達することを目指すと説明した。テナント向けの技術サービスやその他製品提供で大幅な増収を確保し、経営立て直しにつなげたいと考えていることが分かる。

親会社のウィーワークはコメントを拒否した。

ウィーワークは、ソフトバンクグループ(9984.T)から総額95億ドルの支援を受け、現在抜本的な経営再建の途上にある。先月には世界全体で社員の約2割、2400人前後をレイオフしてコストを圧縮すると表明している。

特に中国子会社は、入居率低迷や地元勢との競争激化が影響して業績がさえない。ウィーワークの新規株式公開(IPO)目論見書によると、中国子会社の昨年の売上高は9950万ドルだった。来年の総売上高は、非中核事業が目標通り3000万ドルとなり、全体の6%を占めるとすれば、最大5億ドルに膨らむ計算だ。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below