February 27, 2020 / 2:19 AM / in a month

アングル:中国、徐々に産業集積地に戻る出稼ぎ労働者

[北京/上海 25日 ロイター] - 中国で多くの地域が新型コロナウイルスの感染拡大に伴う移動制限を緩和する中、東部や南部の製造業の集積地では、地方からの出稼ぎ労働者が戻り始め、ラッシュアワーの道路の交通量が増えている。

2月25日、中国で多くの地域が新型コロナウイルスの感染拡大に伴う移動制限を緩和する中、東部や南部の製造業の集積地では、地方からの出稼ぎ労働者が戻り始め、ラッシュアワーの道路の交通量が増えている。写真は深センで18日撮影(2020年 ロイター/David Kirton)

中国国家衛生健康委員会の発表によると、中国本土の新型ウイルスの新たな感染者は25日は406人。感染の中心地である湖北省の25日の新たな感染者は401人だったため、湖北省を除く本土での新規感染者は5人ということになる。

中国の一部の地域は、新型ウイルスのリスクが後退したとして警戒レベルを引き下げ、移動制限を緩和したり、企業の生産再開を支援したりしている。

ロイターが交通運輸省のデータを基に算出したところによると、新型ウイルスの影響で延長されていた春節(旧正月)の連休が上海市などで終わった2月10日以降、およそ1億8000万人の労働者が都市部などで仕事に戻るため、郷里を離れた。

現在では1日当たり1400万人以上のペースで戻っていることを踏まえると、2月の最後の2週間には1億9200万人程度が仕事に復帰していることになり、政府が想定する1億2000万人を上回る。

ネット検索大手のバイドゥ(BIDU.O)がまとめたデータによると、南部の経済・輸出の中心地である広東省と、繊維や機械の生産が盛んな東部の浙江省では先週以降、出稼ぎ労働者の流入が大幅に加速している。

広東省政府は、出稼ぎ労働者の復帰を支援するため、貸し切り列車を手配。省政府の高官は記者会見で「広東省は、情報技術(IT)や自動車、石油化学、家電の企業、特にファーウェイ[HWT.UL]、ZTE(000063.SZ)、美的(000333.SZ)、GACグループの生産再開を最優先事項に位置付けている」と説明した。

ファーウェイの本社があり、中国のシリコンバレーと称される深センでは、労働者流入が春節休暇後で最高に達したが、昨年のピーク時は大幅に下回っている。

深センの交通量も今週、急増した。深センの交通当局のデータによると、24日朝のラッシュアワーの車の交通量は42万0900台で、17日の同時間帯と比べて58%増加した。ただ、中国当局は依然として、新型ウイルスの感染リスクを抑制するため企業にテレワークの継続を促しているため、月曜日の交通量としては、新型ウイルスの感染が起こる前の水準をなお40%下回っている。

企業活動の再開は徐々に進んでいるが、サプライチェーンの混乱や需要減退、人手不足を背景に、生産水準は通常よりも大幅に低い状態だ。米アップル(AAPL.O)の主要な製造委託先のフォックスコンはまだ、生産を完全には再開できていない。アップルは最近、新型ウイルスの感染拡大が中国での同社製品の生産と需要の両方に影響を与えているため、1─3月期の売上高が会社予想に届かない見通しだと発表した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below