August 30, 2019 / 5:30 PM / in 17 days

中国、米紙WSJ記者のビザ更新せず 事実上の国外退去

[上海 30日 ロイター] - 米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)を傘下に持つダウ・ジョーンズは30日、中国の習近平国家主席のいとこを巡る調査に関する記事を共同執筆した北京駐在のWSJ紙記者の記者証が更新されなかったことを明らかにした。

この記者はシンガポール国籍のChun Han Wong氏で、2014年から北京に駐在し、政治問題について取材していた。同氏のビザは30日に期限が切れたため、事実上の国外退去となる。

ダウ・ジョーンズの広報担当者は「中国当局はWong記者の記者証の更新を拒否した」とし、この件に関して調査を続けていると表明。WSJ紙のマット・マレー編集局長は、記者証の更新が拒否されたことに遺憾の意を示し、「WSJ紙は中国を巡る重要な案件の報道に引き続きコミットしている」と述べた。

Wong記者はオーストラリア国籍のPhilip Wen記者とともに6月30日、オーストラリア当局が組織犯罪やマネーロンダリング(資金洗浄)に関連して習主席のいとこも調査しているとする記事を執筆。関係筋によると、中国外務省はこの記事に不快感を示していたという。

外務省はWong記者を巡る状況に関する質問に対し、「外国記者による中国に関する悪意を持った中傷記事には断固として反対する。こうしたジャーナリズムは歓迎しない」とする声明を発表した。

中国外国人記者クラブ(FCCC)はWong記者が事実上の国外退去となったことを「悲しみ、憤りを覚えている」とし、外国人記者はプロパガンダ要員ではないため、こうした扱いを受けるべきではないとの見解を示した。

この件に関して、在北京シンガポール大使館からコメントは得られていない。

米メディアの間では、ニューヨーク・タイムズとブルームバーグ・ニューズに新たな記者証が過去約1年間発行されていない。両メディアは2012年、習主席らの親族の財産についてそれぞれ報道している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below