December 17, 2018 / 2:58 AM / 3 months ago

中国の習主席、反汚職運動で「圧勝」収めたと宣言=国営メディア

 12月17日、中国の習近平国家主席(写真中央)は共産党内での汚職との戦いで「圧勝」を収めたと宣言し、なお反汚職運動を継続する考えを示した。写真は10日北京での代表撮影(2018年/ロイター)

[北京 15日 ロイター] - 中国の習近平国家主席は共産党内での汚職との戦いで「圧勝」を収めたと宣言し、なお反汚職運動を継続する考えを示した。中国中央テレビ局(CCTV)が伝えた。

習主席は昨年10月の共産党大会で汚職対策が「圧倒的な態勢」を整えたと述べていた。CCTVによると、14日に開かれた政治局会議では、この戦いに「圧勝」したとの評価を下した。

CCTVは「態勢」から「勝利」への変化は党指導部の重要な判断を反映していると報じた。

今年1─9月に汚職監視当局が取り扱った案件は46万4000件に上り、40万6000人に罰則を科した。

CCTVによると、政治局は「汚職件数を大幅に減らし、増加を阻止するために効果的な措置を講じる必要がある」と表明。

習主席は、党員と国家公務員の監視体制を近代化するため、汚職対策の基本構造を見直す取り組みを継続する必要があると語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below