January 31, 2018 / 8:41 AM / 8 months ago

中国の元建て越境融資巡るカウンターシクリカル調整、「群衆」効果抑制狙い

[北京 31日 ロイター] - 中国人民銀行(中央銀行)は31日、クロスボーダーの人民元建て融資に関するカウンターシクリカル(反景気循環的)な調整について、市場における「群衆」効果を抑制し、国内の金融監督機能を改善することを目指したものだと説明した。

人民銀行は19日、商業銀行によるクロスボーダーの人民元建て融資ルールを変更し、各行の預金残高とカウンターシクリカル要因によって融資上限を決定すると明らかにした。

人民銀行はロイターの問い合わせに対し、カウンターシクリカル調整の係数について、2013年7月以降、3%に設定されていると明らかにした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below