December 31, 2019 / 5:04 PM / 7 months ago

中国、人民元指数の構成比変更 ドル比率低下・ユーロ上昇

 31日、中国人民銀行(中央銀行)傘下の外為市場運営機関、中国外国為替取引システム(CFETS)は主要通貨に対する貿易加重ベースでの人民元の価値を示すCFETS人民元指数<.CFSCNYI>の構成比率を来年1月1日から変更すると発表した。写真は人民銀本部。2018年9月撮影(2019年 ロイター/Jason Lee)

[上海 31日 ロイター] - 中国人民銀行(中央銀行)傘下の外為市場運営機関、中国外国為替取引システム(CFETS)は31日、主要通貨に対する貿易加重ベースでの人民元の価値を示すCFETS人民元指数.CFSCNYIの構成比率を来年1月1日から変更すると発表した。

中国の貿易状況をより反映するためで、構成比率の変更は2015年12月の指数導入後2回目。

発表によると、ドルの比率を22.40%から21.59%に引き下げる一方、ユーロの比率を16.34%から17.40%に引き上げる。比率調整には18年の貿易データを使用したという。

構成する通貨の数は24で変わらないが、ベネズエラのボリバルを除外する一方、アイスランドのクローナを追加することにより、国際決済銀行(BIS)の通貨バスケットに基づいて指数の比率を調整するとした。

トレーダーやアナリストによると、今回の変更により市場の変動が高まるとは想定されていない。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below