January 23, 2019 / 5:28 AM / 3 months ago

中国当局、国内娯楽業界から1770億円超徴収 脱税取り締まり強化

[北京/上海 22日 ロイター] - 新華社によると、中国の税務当局は、芸能人と娯楽関連会社から未納分だった税金110億元(約1776億4000万円)超を徴収した。昨年10月に始まった取り締まり措置の結果で、企業や従業員に納税記録の是正が求められていた。

取り締まりの対象には人気女優の范冰冰(ファン・ビンビン)さんも含まれる。ファンさんは4カ月にわたって公の場から姿を消していたが、昨年10月、未納分など合わせて約1億2900万ドル(約141億5500万円)の支払いを命じられたという。

一方業界では、取り締まり以降映画事業が停滞し、投資家は関連企業の株を売り込んでいるとして、「厳冬」だと嘆く声が聞かれる。

当局は、業界に対して安心して職務に集中するよう呼びかける一方、税務関連でリスクをはらむとみなされる企業や個人を引き続き注視するとしている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below