February 27, 2020 / 9:19 AM / 3 months ago

UPDATE 1-中国人民銀、的絞った預金準備率引き下げで潤沢な流動性確保=副総裁

(情報を追加します)

[北京 27日 ロイター] - 中国人民銀行(中央銀行)の劉国強副総裁は27日、適切な時期に的を絞った預金準備率の引き下げを行うことで潤沢な流動性を確保すると表明した。

副総裁は記者会見で、人民銀行は今年の経済成長目標を達成するため、新型コロナウイルスの感染拡大の影響をできる限り抑制すると述べた。

中国はマクロレバレッジ比率および物価の安定を維持するとも語った。

副総裁は、経済を下支えするため、穏健で柔軟な金融政策を継続すると表明。

「複数の公開市場操作を通じて長期の流動性をさらに供給する」ととした上で「適切な時期に的を絞った預金準備率の引き下げを行う。インクルーシブ(包摂的)な融資を実行し、中小企業を支えるという規定を満たす銀行が対象になる」と述べた。

また必要な場合、再貸付・再割引枠を再度引き上げ、中小銀行が追加の資金を必要とするなら資本の補充を支援するとも表明した。

中国銀行保険監督管理委員会の肖遠企・首席リスク官は、金融のシステミックリスクを阻止すると表明。

「支援措置は、新型ウイルスの感染拡大で問題を抱えている中小企業を主な対象とする。感染拡大前から問題を抱えていた企業は対象外だ」とし「不採算企業が(支援策に)ただ乗りすることを防ぐ。モラルハザードを防ぐ」と述べた。

工業情報省のデータによると、通常業務を再開した国内中小企業は全体の30%前後にとどまっている。当局は、多くの中小企業が人員削減を迫られ、景気を一段と圧迫する事態を懸念している。

中小企業は国内雇用の80%以上、国内総生産(GDP)の60%以上を占める。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below