for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

仏ルノー、スペインで工場停止延長 半導体不足解消せず

フランスの自動車大手ルノーは半導体不足のため、スペインの組立工場3カ所での一部操業停止を延長する。写真は1月13日、フランスのベルトゥーで撮影(2021年 ロイター/Stephane Mahe)

[マドリード 31日 ロイター] - フランスの自動車大手ルノーは半導体不足のため、スペインの組立工場3カ所での一部操業停止を延長する。スペイン法人の広報担当者が31日に語った。

それによると、パレンシア工場は最大61日間、バリャドリード工場は最大40日間、それぞれ停止する。また、バリャドリードのエンジン工場は最大17日間生産を停止する。

ルノーは先にスペインの工場について、4─7月に約30日間停止する計画を承認。半導体不足が解消しないことから、9─12月の計画を新たに策定する方針を固めていた。

ルノーは通常スペインで約58万台の年産能力を有している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up