for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中外製薬、リウマチ薬のコロナ肺炎向け使用を厚労省が承認

中外製薬は21日、関節リウマチなどの治療薬として使われている「アクテムラ」について、新型コロナウイルスに伴う肺炎向けに使用することを厚生労働省が承認したと発表した。写真は中外製薬のロゴ。東京で2014年撮影。(2022年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 21日 ロイター] - 中外製薬は21日、関節リウマチなどの治療薬として使われている「アクテムラ」について、新型コロナウイルスに伴う肺炎向けに使用することを厚生労働省が承認したと発表した。同社は新型コロナ向けに使用できるよう2021年12月に適応拡大を申請していた。

アクテムラは点滴薬で、コロナ治療薬としてこれまで、欧州で承認され、米国で緊急使用許可を取得。また、世界保健機構(WHO)から推奨されている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up