January 11, 2018 / 4:49 AM / 12 days ago

ローマ法王が貧困者らをサーカスに招待、動物愛護団体は反発

[バチカン市 10日 ロイター] - ローマ法王フランシスコがローマの貧困者らをサーカス見物に招待すると決定したことに対し、動物の権利擁護団体から、虐げられた人々に手を差し伸べるはずの行為が、最も弱い動物たちを搾取する内容となっているとして、反発を表明した。

ローマ法王庁(バチカン)は10日、貧困者のほかホームレスや受刑者、貧困家庭の子ども、ボランティア、介護者ら2100人を、11日午後にローマ近郊で行われるサーカスのショーに招待したと発表。

これに対し、イタリアの動物愛護団体LAVは、ロイターに「バチカンがこのようなことをするとは驚き」と述べるとともに、動物を檻に入れてあちこち移動させるのは有害であることが一般に受け入れられており、イタリアを含む多くの国でサーカスにおける動物の使用が徐々に中止されていると指摘した。

法王は近年、バチカン近くに貧困者向けのシャワーや理髪施設を設置、貧困者らをシスティーナ礼拝堂の見学ツアーに招待したほか、昨年11月には約7000人をバチカンでの食事に招待している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below