for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国免税店網の旅遊、今年の香港で最大の上場を計画 上海証取に続き

 上海証券取引所に上場し中国国内で最大の免税店網を展開する中国旅遊集団中免が、香港証券取引所への上場も目指している。海南省で2020年11月撮影(2022年 ロイター/Tingshu Wang)

[香港 12日 ロイター] - 上海証券取引所に上場し中国国内で最大の免税店網を展開する中国旅遊集団中免が、香港証券取引所への上場も目指している。最大21億6000万ドルを調達する狙い。ロイターが条件規定書を閲覧した。実現すれば今年の香港市場上場で最大規模になる。

1億0276万株を143.50―165.50香港ドル(18.30─21.10米ドル)と、11日の上海証取での取引終値より29.3─38.7%割安な水準で売る計画。価格は18日に最終決定する。

株式の約4割は主要株主向けで、この分で約7億9500万ドルを見込む。

ただ、中国を代表するリゾート地で同社が大型免税店を複数置く海南省(海南島)三亜市では、新型コロナウイルスの感染拡大で移動制限が続いている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up