Reuters logo
サッカー=ドルトムントが大量8点、香川2得点1アシスト
2016年11月23日 / 00:02 / 1年後

サッカー=ドルトムントが大量8点、香川2得点1アシスト

[22日 ロイター] - サッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)は22日、各地で1次リーグを行い、F組で香川真司の所属するドルトムント(ドイツ)はホームでレギア・ワルシャワ(ポーランド)に8─4で勝利した。先発出場した香川は2得点1アシストの活躍で勝利に貢献した。

 11月22日、サッカーの欧州CL1次リーグ、F組で香川真司(写真)の所属するドルトムントはホームでレギア・ワルシャワに8─4で勝利した。先発出場した香川は2得点1アシストの活躍で勝利に貢献した(2016年 ロイター/Wolfgang Rattay)

先制を許したドルトムントは前半17分、ウスマン・デンベレがGKとDFの間に絶妙なパスを送ると、そのスペースに飛び込んだ香川が同点弾をマーク。香川はそのわずか1分後にもデンベレの横パスを受けて勝ち越し点を決めた。

さらにヌリ・シャヒン、デンベレがゴールを決めたドルトムントは4─2で迎えた同32分、香川がダイレクトで折り返したボールをマルコ・ロイスが押し込んでリードを拡大。その後も互いに点を取り合う展開となったが、ロイスらが3点を加えたドルトムントが大量8点でレギアを退けた。

同組で前回優勝のレアル・マドリード(スペイン)は敵地でスポルティング(ポルトガル)と対戦し、ラファエル・バラン、カリム・ベンゼマのゴールで2─1と競り勝ち、決勝トーナメント進出を決めた。ドルトムントはすでに1次リーグ通過を決めていた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below