June 15, 2019 / 3:49 AM / a month ago

サッカー=スアレス、CLでリバプールに敗戦後「消えたかった」

 サッカーのスペイン1部、バルセロナに所属するウルグアイ代表FWルイス・スアレスは、今季CL準決勝の第2戦でリバプールに敗れたことは、自身のキャリアと人生で最悪な瞬間のひとつだったと述べた。英リバプールで5月撮影(2019年 ロイター)

[14日 ロイター] - サッカーのスペイン1部、バルセロナに所属するウルグアイ代表FWルイス・スアレスは、今季の欧州チャンピオンズリーグ(CL)準決勝の第2戦でリバプールに敗れたことは、自身のキャリアと人生で最悪な瞬間のひとつだったと述べた。

バルセロナは今季CLで、リバプールとの準決勝第1戦を0─3で大勝。4年ぶりの決勝進出が確実視されていたが、第2戦で0─4の完敗を喫し、敗退となった。

スアレスは、FOXスポーツのインタビューで「バルセロナに戻ってからの数日間は、自分の人生とキャリアにおいて、14年W杯に並ぶ最悪の瞬間だった。世界から消え去りたかった」とコメント。スアレスは2014年ワールドカップ(W杯)で、イタリア代表選手へのかみつき行為により帰国させられ、数カ月にわたる出場停止処分を科された。

さらに、同選手は「子供たちを学校に送りにも行きたくなかった。誰もが、私がとても悪い状態にいたのを分かっただろう。数日間、何もしたくない日が続き、非常につらい時間だった」と話した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below