November 1, 2019 / 4:21 PM / 16 days ago

米経済、これまでの利下げでリスク対応力強まる=FRB副議長

 1日、米連邦準備理事会(FRB)のクラリダ副議長は、FRBが今年これまでに実施した3回の利下げにより、世界的な景気減速のリスクに対する米経済の対応力は強まったとの考えを示した。写真はクラリダ副議長。8月23日撮影(2019年 ロイター/Jonathan Crosby)

[1日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)のクラリダ副議長は1日、FRBが今年これまでに実施した3回の利下げにより、世界的な景気減速のリスクに対する米経済の対応力は強まったとの考えを示した。

FRBは今週開いた連邦公開市場委員会(FOMC)で予想通りに25ベーシスポイント(bp)の利下げを決定。7月と9月に続く今年3回目の利下げとなった。ただFOMC声明から、景気拡大を維持するために「適切に行動する」との文言を削除し、利下げを休止する可能性があることを示唆した。クラリダ副議長のこの日の発言で、今後は金利が据え置かれる可能性が改めて示された。

クラリダ副議長はブルームバーグテレビのインタビューに対し、米経済が貿易戦争、および海外の景気減速に起因する向かい風に耐えられている証拠として、雇用や住宅に関する経済指標が良好となっていることが挙げられると指摘。「FRBは調整を行った」とし、「FRBが(3回の利下げで)合計75bpの調整を実施していなかったら、経済に対しこれほど楽観的になっていなかった」と述べた。

その上で、米経済は景気サイクルの終盤にはまだ入っていない上、消費が「これほど良好だったことはない」ため、景気拡大が継続する余地はあると指摘。FRBは米経済拡大の維持に努めていると語った。

ただ、FRB当局者が経済指標を見極め、雇用のほか物価や経済成長などを巡る指標が悪化すれば一段の緩和も検討する立場も示した。

FRBによる短期債買い入れについては、「量的緩和ではない」とし、「中央銀行がバランスシートを拡大させなければ、流動性問題が発生する」と語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below