December 4, 2019 / 3:28 AM / 8 days ago

過去10年は史上最も暑い期間に、世界気象機関が報告

[マドリード 3日 ロイター] - 世界気象機関(WMO)は年次調査報告を発表し、過去10年間は史上最も暑い期間になるとの見通しを示した。

 12月3日、世界気象機関(WMO)は年次調査報告を発表し、過去10年間は史上最も暑い期間になるとの見通しを示した。写真はグリーンランドのフィヨルドに浮かぶ氷山。2018年6月16日撮影(2019年 ロイター/Lucas Jackson)

報告は、マドリードで開かれている第25回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP25)に合わせて発表され、WMOのターラス事務局長は「『1世紀に一度』だった熱波や洪水が、より定期的に発生するようになっている」との声明を発表した。

事務局長は「ハバナ、日本、モザンビークと広範囲な国で、壊滅的な台風やサイクロンの被害が発生し、北極やオーストラリアでは森林火災が発生した」と指摘した。

報告に記載された内容としては以下のような項目が挙げられた。

・2015─19年、および10─19年の平均気温は、ほぼ確実に史上最高となる見込み。

・2019年の気温は過去2番目または3番目に高くなる見通し。

・海水の酸性度が産業革命当時から26%上昇し、海洋生態系の状態が悪化。

・北極の海氷が9月と10月に史上最小に近くなり、南極でも今年に入り氷が複数回にわたって最小となった。

・気候変動は最近の世界的な飢餓増加の原因となっている。

・気候災害のため今年に入り数百万人が自宅を失い、インドからロシア北部にいたる地域と米国中部など多数の地域で、降雨形態に影響を及ぼしている。

このほか、海中の生態系を壊滅させる「海洋熱波」の発生も、より多く見られるようになったと報告は述べている。

さらに、2018年に過去最高となった大気中の二酸化炭素濃度は、今年も上昇を続けているという。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below