July 9, 2020 / 3:04 AM / a month ago

EU、グリーン水素推進し排出ゼロ実現へ 欧州委が戦略発表

[ブリュッセル 8日 ロイター] - 欧州連合(EU)欧州委員会は8日、再生可能エネルギーを使って水を電気分解して作る「グリーン水素」を推進する戦略を発表した。2050年までに最大4700億ユーロ(5307億2000万ドル)の投資を呼び込むと見込んでおり、温室効果ガス排出量を50年までに実質ゼロにする計画の柱となる。

欧州の産業界では年間約800万トンの水素が利用されているが、その大半は、天然ガスから生産され、温室効果ガス排出を伴う「グレー水素」だ。

EUは優先課題として、脱炭素や電動化が困難あるいは不可能な鉄鋼などの業界で2030─50年以降に利用するグリーン水素を開発する。

欧州委で気候変動問題を担当するティメルマンス上級副委員長は、グリーン水素は「小さなニッチ市場」だが、規模を段階的に拡大する必要があると指摘。化石燃料を使って生産するが、排出された二酸化炭素(CO2)は回収する「ブルー水素」が移行期に必要との認識も示した。

第1段階は現在から2024年までの期間で、グリーン水素を最大100万トン生産できる電解装置を導入することで、生産能力を6倍に増やす。

第2段階は25─30年までの期間で、生産能力を最大1000万トンに引き上げることを目指す。

欧州委によると、グリーン水素への投資額は50年までの累計で1800億ユーロから4700億ユーロに達すると見込まれる。

欧州委はまた、グリーン水素をさらに推進するため、産業界の幹部らや市民団体、閣僚、欧州投資銀行(EIB)が参加する「欧州クリーン水素連合」を立ち上げた。

欧州委は、水素戦略を来年、法案化する考えを示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below