for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

グレタさん世代、気候変動に強い危機感=国連調査

 1月27日 英オックスフォード大学と国連が共同で実施した世論調査によると、環境活動家のグレタ・トゥンベリさん(写真)と同世代の若者の間では、親世代や祖父母世代よりも、気候変動への危機意識が高いことがわかった。写真は2020年9月、スウェーデンのストックホルムで撮影(2021年 TT News Agency)

[ジュネーブ 27日 ロイター] - 英オックスフォード大学と国連が共同で実施した世論調査によると、環境活動家のグレタ・トゥンベリさんと同世代の若者の間では、親世代や祖父母世代よりも、気候変動への危機意識が高いことがわかった。

調査は「アングリーバード」などモバイルゲーム上にポップアップ画面を表示して回答を依頼する形式で実施。投票権のない未成年も含め、50カ国の120万人以上から回答を得た。気候変動問題に関する世論調査としては過去最大規模という。

これによると、18歳未満の70%近くは気候変動を世界的な緊急事態と認識。60歳を超える回答者では58%、全体の平均は64%だった。

国連開発計画(UNDP)のキャシー・フリン氏は「野心的な気候変動対策を支持する大きなうねりが起きている」とし、各国の指導者に対応を呼び掛けた。

国別で最も危機意識が高かったのは、英国とイタリアで、全体の81%が気候変動は緊急事態だと回答した。どの国でも、特に大卒者の間で環境対策を支持する声が多かった。

最も支持を集めた環境対策は、森林・農地の保全で、54%が支持。最も支持が少なかったのは、植物由来食品の活用だった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up