July 13, 2020 / 1:30 AM / a month ago

ESG株式ファンド、第2四半期の成績好調=モーニングスター

[ボストン 10日 ロイター] - モーニングスター(MORN.O)が10日に公表したリポートによると、第2・四半期に環境・社会・企業統治(ESG)といった分野に焦点を当てた株式ファンドのパフォーマンスが好調だった。

ESG関連株式ファンド212本のうち、第2・四半期にモーニングスターの各カテゴリーの上位50%に入ったファンドは56%に達した。年初からは、72%のESG株式ファンドが同社の各カテゴリーの上位50%に入っている。

モーニングスターのアナリスト、ジョン・ヘイル氏は、財務の健全性だけに基づく投資判断では、21世紀の企業の本質を捉えることはできないと説明している。

第2・四半期には、エネルギーセクターのパフォーマンスが特に良かった。ヘイル氏は、ESGファンドは石油関連企業などエネルギー株をアンダーウエートにする傾向が強いものの、第2・四半期のパフォーマンスが良かったことは注目すべき点だと指摘している。

ESGに焦点を当てた26本のインデックスファンドは全て、年初から従来型のインデックスファンドのパフォーマンスを上回っている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below