for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

訂正(発表者側の申し出)-米航空大手とアマゾン、持続可能な航空燃料の取り組みに参加

(発表者側の申し出により、最終段落のライブネーションに関する記述を削除します。)

米大手航空会社とアマゾン・ドット・コムの航空子会社が、持続可能な航空燃料(SAF)の開発・利用を加速する取り組みに参加する。写真は、着陸するユナイテッド航空機。2019年12月6日にニュージャージー州で撮影。(2021年 ロイター/Chris Helgren)

[ワシントン 10日 ロイター] - 米大手航空会社とアマゾン・ドット・コムの航空子会社が、持続可能な航空燃料(SAF)の開発・利用を加速する取り組みに参加する。

参加するのは、アマゾン・エア、アラスカ航空、ジェットブルー、ユナイテッド航空。SAFの生産拡大、価格引き下げ、技術の進歩を目指す。

エンバイロンメンタル・ディフェンス・ファンドとロッキー・マウンテン・インスティテュートが4月に立ち上げた「サステナブル・アビエーション・バイヤーズ・アライアンス(SABA)」が明らかにした。

SABAは、SAFの需要を拡大するため、ボーイング、バンク・オブ・アメリカ、JPモルガン・チェース、マイクロソフト、ネットフリックスと共同で設立された。

ブティジェッジ米運輸長官は9日、航空業界の温室効果ガス排出量を2050年までに実質ゼロにすることを目指すと表明した。

SABAによると、取り組みにはフェイスブックの親会社メタも参加する予定(訂正)。

<^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

50年温暖化ガス排出ゼロ、米航空業界でも 運輸長官表明

CORRRECTION (OFFICIAL)-U.S. airlines and Amazon join push to reduce aircraft emissions

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^>

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up