July 4, 2019 / 6:17 AM / 20 days ago

気候変動に対応しない政治家は選挙で代償払う=OECD事務総長

 7月3日、経済協力開発機構(OECD)のグリア事務総長(写真)は、気候変動に関する講演で、一部の政府は誤った方向に行っているとしたうえで、気候変動に対して行動しない政治家は選挙で代償を払うだろうと述べた。ベルリンで昨年6月撮影(2019年 ロイター/MICHELE TANTUSSI)

[ジュネーブ 3日 ロイター] - 経済協力開発機構(OECD)のグリア事務総長は3日、気候変動に関する講演で、一部の政府は誤った方向に行っているとしたうえで、気候変動に対して行動しない政治家は選挙で代償を払うだろうと述べた。

事務総長は気候変動を悪化させている国として、米国、中国、インド、カナダ、メキシコ、オーストラリアを名指しした上で、化石燃料補助金の段階的廃止などを求めた。

事務総長は、若者たちが変化を求めて怒っているのに政府は対応を先延ばししているとし、使用できる技術があり費用が「急落」していることを踏まえると、こうした事態は容認できないと主張。

5月の欧州議会選で緑の党が票を伸ばしたことに触れ、気候変動問題を重視しないと若者票が得られない可能性を示唆した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below