January 30, 2018 / 2:45 AM / 21 days ago

クリントン氏が音楽賞にサプライズ登場、トランプ氏暴露本を朗読

[ロサンゼルス 28日 ロイター] - 28日に開催された米音楽界で最高の栄誉とされるグラミー賞の授賞式で、2016年米大統領選で民主党候補だったヒラリー・クリントン氏がビデオで登場し、トランプ政権の暴露本を読み上げ、大きなサプライズとなった。

このビデオは事前に収録されたもので、オーディオブックなどを対象とした「スポークン・ワード」賞の獲得を目指すという設定のパロディー。クリントン氏のほか、ジョン・レジェンド、シェール、スヌープ・ドッグらが、コラムニストのマイケル・ウォルフ氏が執筆した「炎と怒り」を朗読するシーンが撮影されている。

 1月28日、米グラミー賞の授賞式で、2016年米大統領選で民主党候補だったヒラリー・クリントン氏(写真)がビデオで登場し、トランプ政権の暴露本を読み上げ、大きなサプライズとなった。2017年12月撮影(2018年 ロイター/Mario Anzuoni)

これを受け、トランプ米大統領の親族や政権幹部らは批判を展開。大統領の長男、トランプ・ジュニア氏は「グラミー賞で『偽ニュース』本を朗読することは、大統領選で敗北したことに対する残念賞のようなものだ」とツイート。

ソーシャルメディアで音楽に関する投稿を行うことで知られるヘイリー米国連大使は、クリントン氏の出演が「グラミー賞を台無しにした」と書き込んだ。

*写真を加えました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below