Reuters logo
米ハイテク大手、7─9月期もクラウド好調 アマゾンがトップ維持
2017年10月27日 / 05:47 / 1ヶ月後

米ハイテク大手、7─9月期もクラウド好調 アマゾンがトップ維持

[サンフランシスコ 26日 ロイター] - 米アマゾン・ドット・コム、インテル、マイクロソフト、グーグルの持ち株会社アルファベットが手掛ける企業向けクラウドサービスが順調に拡大していることが、各社が26日発表した7─9月期決算で明らかになった。

マイクロソフトの「アジュール」事業は前年同期比90%の増収となった。同社は部門別の売上高を公表していないが、調査会社カナリスは20億ドルと推計している。

同四半期中にマイクロソフトはアジュール事業で会員制倉庫型ストアのコストコ・ホールセールを顧客として獲得。アマゾンが食品スーパー、ホールフーズ・マーケットを買収した2カ月後だ。

ガートナーのアナリスト、エド・アンダーソン氏は、アマゾンのホールフーズ買収により、小売り企業の間でアマゾンと組むことに不安が広がったと分析した。

モトリー・フールのアナリスト、ティム・グリーン氏はアマゾンのクラウド事業「アマゾン・ウェブ・サービシズ(AWS)」について「大規模な顧客離れを回避するために、いずれ事業分離が必要となる可能性がある」と指摘した。

7─9月期のクラウド事業収入はアマゾンが前年比42%増の約46億ドルでトップ。米動画配信会社Hulu(フールー)、トヨタ・レーシング・ディベロップメント、ジェネラル・エレクトリック(GE)などが顧客に名を連ねる。

グーグルは百貨店のコールズや決済大手のペイパルなどと契約。カナリスによると「グーグル・クラウド・プラットホーム」の売上高は8億7000万ドルで前年比76%増加した。

カナリスは7─9月のクラウド市場が144億ドルと前年比43%拡大したとの見方を示した。シェアはアマゾンが31.8%、マイクロソフトが13.9%、グーグルは6%としている。

カナリスの調査アナリスト、ダニエル・ルイ氏は「クラウド市場は大半の伝統的な情報技術分野よりも速いスピードで拡大し続けるだろう。まだ発展段階だ」と述べた。

一部のアナリストは競争の激化によりクラウドの伸びは今後、鈍化すると予想している。

50パーク・インベストメンツのアダム・サーハン最高経営責任者(CEO)は「クラウドはこの先コモディティー化し、価格は急激に下がるだろう。だが今のところは伸びしろの大きい有望な分野だ」と語った。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below